Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

夢幻花火プレ


神守・楼華(旋律奏でる巫女・b59756)
○心情
花火に何故そんなに執着するのか分からないですの…でも、女の子にとっては花火はそれまでにも思い入れのあるモノだと思うですの…

○所持:小さい花火セットと小さな花束

呼び方:一人称・私 苗字+さん

○作戦
私は女の子の範囲攻撃をぎりぎり受けない位置で春日さんと待機
位置:後衛
○戦闘
花火が終わった後と同時にリビングデッドの出現した位置を皆さんに知らせる、もし敵に囲まれたら鳴子さんと純さんにタイマンチェーンで足止めしてもらう
遠距離攻撃を主体に破魔矢を使う、何人かBSに掛かった時に赦しの舞を使用

戦闘開始「その…執着心を、今断ち切ってあげます!」
敵のダメージ受けた時「きゃっ!これしきの事で…私はまだ倒れるわけにはいかないの…」
破魔矢「この一矢に思いを込めて!」
赦しの舞「皆さん、大丈夫ですの?」「あと少しですの、頑張るですの!」
最後「これで…終わりですの…っ!」

戦闘後:
鼻歌を歌いながら用意された花火の封を開ける「花火♪花火♪」
花火並べながら「どれにしようかな♪」
「わ~綺麗ですの~♪」
花火の後片付けしながら
「あの女の子は何で花火に執着するのか最後まで分からなかったですの…」
空き地の隅に行って、持ってきた小さい花火セットとリコリスの小さな花束を置く
「リビングデッドになってしまった方への慰みになれば良いですの…今度は地縛霊じゃなくて生きている時に一緒に花火をしましょうですの♪」
涙流しながら笑顔で言う



背後:華が初単体で依頼に参加しました。なんと炎の初結社依頼と同じMS様なのです!


神守・楼華の初依頼→夢幻花火
スポンサーサイト
category
銀雨シナリオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。